無農薬で栽培された発芽玄米をお探しの方に、おすすめの商品をランキング形式でご紹介しています。また、無農薬で栽培された玄米を選ぶときの注意点や発芽玄米に最適な玄米の選び方についても詳しく解説していますので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

無農薬栽培の発芽玄米を選ぶポイントは?

正しい無農薬発芽玄米の選び方
無農薬・無化学肥料で栽培されているもの
無農薬栽培であることはもちろんですが、化学肥料を使わずに栽培しているかも重要です。特に発芽玄米は栄養素が残るため、化学肥料なども残留しやすくなります。できる限り自然のままで栽培された実のを選ぶことをおすすめします。
残留農薬チェックを行っているもの
たとえ無農薬で栽培していたとしても、周りの農地で農薬を使用していたとしたら、それが付着してしまうことも考えられます。ですから、残留農薬がゼロであるかどうかをしっかりとチェックしたものを選ぶことが重要となります。
生きている玄米であること
発芽玄米は玄米を発芽させる必要があります。そのためには生きている玄米を使用する必要があります。バーナーで乾燥させた場合、玄米が死んでしまい発芽しなくなることもありますので、自然乾燥を行い、生きた状態であるかを確認することをお勧めします。

無農薬栽培の発芽玄米ランキング

玄米のマイセン
無農薬で栽培されているだけでなく、化学肥料も一切使用せず、微生物自然農法で栽培された玄米です。残留農薬チェックもしっかりと行い、残留農薬がゼロの状態で出荷しているのでとても安心感があります。自然乾燥を行い、生きたままの玄米となっているので発芽玄米として最適です。
無農薬・無化学肥料:◎ 残留農薬チェック:◎ 生きている玄米:◎
ファンケル発芽米
完全に無農薬かどうかは不明ですが、放射性物質に関する自主検査を行うなど、安全性に関する管理は徹底しています。すでに発芽された状態で販売されているので、自分で発芽させる必要がなく手間がかからないというメリットがあります。忙しい方におすすめの商品です。
無農薬・無化学肥料:○ 残留農薬チェック:○ 生きている玄米:◎
ふくい味覚倶楽部
無農薬・無化学肥料で栽培されたということを福井県より認証された無農薬栽培米なので、安全性に関してとても信頼できます。ただし、発芽玄米に最適な生きている玄米かどうかは不明なので、購入時に問い合わせをすることをおすすめします。
無農薬・無化学肥料:◎ 残留農薬チェック:○ 生きている玄米:△

安全で美味しい無農薬発芽玄米はこちら!

 「玄米のマイセン」です!
無農薬・無化学肥料の微生物自然農法
⇒ 農薬や化学肥料は一切使用せず、有機肥料と微生物の力で栽培する独自の微生物自然農法を採用しています。自然の力だけで育てているので、残留農薬が残りやすいといわれる玄米でも安心して食べることができます。
残留農薬チェックを行っている
⇒ 周りの農地から農薬が風で飛ばされて付着していないかを厳しくチェックしています。常に残留農薬ゼロの状態で出荷されているので、安全性が高いところが魅力となっています。
発芽玄米に最適な生きている玄米
⇒ 灯油バーナーで乾燥させずに、自然乾燥を行っているので、玄米を生きた状態で保つことができます。水に浸すと発芽するので、発芽玄米として最適の玄米といえます。

微生物自然農法で栽培し、残留農薬チェックを行っているのは「玄米のマイセン」だけ!